FC2ブログ

記事一覧

ブラウ・ブロ完成お披露目


まだ画像処理したものしか公開していなかった
1/550 ブラウ・ブロ 完成 お披露目いたします!




ブラウ・ブロ型戦術偵察機(RMAN-03)

ニュータイプがミノフスキー粒子下においても

特定の目標や人物の位置や思考を
ある程度正確に認識できることに着目、


サイコミュにより増幅させたニュータイプ搭乗員の感応波を

高精度のレーダーとして索敵に活用し、
敵部隊の規模や位置、展開など有益な情報を

上級司令部にもたらすことを目的とした機体。






「ニュータイプを一人の優秀なパイロットとして運用することは、

非常に効率が悪くバカげた行為である。」





「ニュータイプ能力を索敵及び偵察に運用し、
部隊規模の戦術に活用してこそ、
その能力を最大限に活かすことができる。」





という考えから開発された。





ミノフスキー粒子下の戦いにおいて
敵部隊の情報を得ることのメリットは絶大であることは明らかであり、
ニュータイプ能力を情報収集に活用するといった着想自体が
サイコミュ兵器の開発のみならずニュータイプ搭乗員の運用の面でも
ジオン公国軍が連邦軍よりはるかに先行した思想を有していたことを
証明したといえる。






以上の妄想設定のもと、旧キットのブラウ・ブロをベースに製作しました。





『戦術偵察機』ということで武装は無く、4基のメガ粒子砲はすべて撤去しました。
それぞれ、戦艦扶桑、山城、比叡、軽巡大淀の檣楼をイメージしたものをスクラッチして置き換えています。

なんで檣楼?
 
『戦術偵察』という言葉から、なんとなく『防空指揮所』や『測的所』、『見張所』といった
檣楼各層の構造を連想しちゃったからだと思います。

見張り員が宇宙服着て双眼鏡覗くのか?とか、そーゆうのは無しでお願いしますw
















工作の詳細は過去記事を見てね!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!