FC2ブログ

記事一覧

嵐の中で輝いて


おとうと的に近来まれにみる大激戦だった今年の冬アニメ。
 
よりもいゆるキャン△ダリフラ の3強が毎週順位を入れ替える激しいデットヒート!
 
どの作品にもじゅうぶんに楽しませていただきましたが
あえて順位をつけるとしたら…


 
3位  宇宙よりも遠い場所

 
物語前半のワクワク感が持続してたらぶっちぎりの1位だった!

1クール13話なせいか駆け足すぎて
いがいと簡単に南極に着いてしまった印象。
『女子高生の南極レポート』というゲスト的立場なことを考えると
リアルといえばリアルなんだろうけど…

もっと苦労して辿り着いてくれればグッときたのになあ。。。
2クールでじっくり観たかった気がする。残念!


 
12話の 『お母さん!お母さん!!』 はヤバかった…
ちくしょう、涙で画面が見えねぇや (´;ω;`)ブワッ




2位  ダーリン・イン・ザ・フランキス
 
もうね、真性M(重症)を公言するボクにゼロツーはやべぇっす。



『作れなかったら…奪え!』


あふーん♪(//∇//)




『キミを味あわせて、今からキミがボクのダーリンだ!』


たた、たまんねす(o´Д`)ハァハァ




『痛いでしょう?苦しいでしょう。でも、とっても綺麗』
『どうする?降りるなら今のうちだよ?』


好きだー!ゼロツーーー!!

ヒロがパートナーに決まって以降、
ゼロツーのイカレっぷりが減退してきているのがちょっと気がかり。
もっともっと気がねなく傍若無人に振る舞ってほしいんだー!

ゼロツーには確固たる
キチ○イヒロイン像を確立 していただきたい!
 
ダリフラは2クールなのでまだまだ中盤戦。
ゼロツーが叫竜化に苦しむ展開になってきてるんで後半に期待!





1位  ゆるキャン△

 
とにかく日常系っていうか、山場もなければとくべつ盛り上がりもない、
ゆるくて無害な平和を満喫できるアニメが好きなんすよー。






『なんだバカヤロー』




『やんのかぁ~てめ~?』







『ふん』



『ごふっ!』

時々心の中で毒を吐くしまりんがやたらかわいいっすw





…と、まあこんな感じで大豊作の2018冬アニメを楽しんでいるところに
当初予想もしなかった作品が
暴風雨をともなった ハリケーンの如く襲来 してきた!!
しかも 超弩級 の大型ハリケーンだ。
 




メルヘン・メドヘン

10年に一度クラスの作画崩壊 とネット上で 騒然 となったので
ご存知の方も多いことだろう。

あまりに酷すぎる作画に視聴者からクレームが殺到した第9話と
放送開始直後の第1話を比較してみたのでご覧いただこう。




         第1話                  第9話





         第1話                  第9話

誰だおまえ!





         第1話                  第9話

似せる気ないだろw





         第1話                  第9話


『骨格が不自然』
『首がおかしい』
『別人みたいな顔になってる』等々…ネット上にはアニヲタたちの悲鳴がw





もともと『ラーメン大好き小泉さん』観た流れで
テレビつけっぱなしにしてて観るでもなく観ていたのだが、
回を重ねるうちに作画崩壊が始まり
6~7話あたりでネット上でも騒がれだした。



8話終了時点で『作画クオリティ改善のため』という
正直すぎる理由で2週休むことを告知。

誰もが注目した休み明けの第9話で
休んだ理由が解らなくなるほどのさらなる作画崩壊を晒してしまって伝説の仲間入り。



観ていてハラハラしっぱなしだったぞ。
こんなにも目を奪われたアニメは久しぶりだw

作画が気になってストーリーがぜんぜん頭に入ってこない!!



ザンボット とか ガンダム とか
低予算低作画品質 の70年代ロボットアニメで育ったボクですら
心を折られた のだ、

高品質アニメを見慣れた
いまどきの若者にはとても耐えられまいww

 
残り2話となったところでの 突然の打ち切り
まさに台風一過、まるで 嵐が通り過ぎた かのようだった。

後世に永く語り継がれるであろう伝説級の作画崩壊を
リアルタイムで体験できたことはこの上ない喜びである。

 
以上、良作も佳作も根こそぎ吹っ飛ばす、
大災害に席巻された2018冬アニメの私的感想記でした。


 
あー、、
アニメがしあわせだ。。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!