FC2ブログ

記事一覧

ぼくは、あの朝の涙を忘れない。

ウチの奥さんが 謎の高熱 を出して10日ほど寝込んでしまいました。

不慣れな家事におわれ プラに触れない日々 がつづきましたが
おととい位にやっと熱が下がり、
さぁ、久々にプラモでも…と思ったとたん
今度は自分の左肩?二の腕?が傷みだしプラに触ることすらできません!

激しい痛みではなく、ずーっと鈍痛が続いてるって感じなんですが、
この痛みには覚えがあります。

何年か前に患った 石灰沈着性腱板炎 が再発したみたいっす。

痛みがひかないとプラに触る気すらおきません




と、いうわけで…

すっかり忘れ去られていた企画を再開しようと思います!
前回の更新はいつだったっけ??

16年3月!?
うーわ、、、2年ぶりの再開かあ。。。




~死ぬまでに見れてよかった
              映画10選⑥~


さよなら子供たち
(Au revoir le enfants)

87年 フランス/西ドイツ






1944年、ナチス占領時代のフランス。

パリからカトリック寄宿学校に疎開している
12歳の少年ジュリアン・カンタンの学校に
ある日ジャン・ボネという少年が転入してくる。

彼は少し変わってはいるが、
数学、国語、ピアノなど学業優秀でジュリアンのライバルとなった。

初めはどこか打ち解けない2人だったが、
次第に連帯感が生まれてきたその頃、
ふとしたことからジュリアンは、
彼が偽名を使って転入してきたユダヤ人であることを知る…。

                                                  ヤフー映画より無断転載w




『死刑台のエレベーター』のルイ・マル監督の自伝的作品。

「戦場や戦闘シーンの一切ない反戦映画」
みたいなことを言われることの多いこの作品ですが、
そのひと言ではこの作品の全てを表せているとは
とてもとてもいえません。


そう、この映画は…



『かわいい男の子が主演している戦場や戦闘シーンの一切ない反戦映画』

なのですw





どおっスか!?

主演の ガスパール・マネッス
思春期の少年特有な
『小生意気だけど、どこか幼い』
『好奇心と戸惑い』
といったうらはらな心情がもう…もう…


もう!(*°∀°)=3ブヒーッ







『知りたいけど教えてもらえない』境遇なんかもあいまって、
自分の少年時代なんかも思い出しちゃったりして
懐かしくもあり、
ちょっとした胸の痛みなんかも感じちゃったり…

もうね…


(*°∀°)=3ブヒーッ






この作品以降、ガスパール・マネッスは目立った俳優活動はしていないようで
スクリーンでその後の彼の姿をみることはありませんでした。

でもいいんです。
成長し、老いていく姿は見たくないんです。

少年期の、ほんの短い時期にだけみせる
眩いばかりの輝きだからこそ高潔なまでに貴いんです。




今週の名言

『腐ってしまえば鯛も醜悪なだけです。』
(カイエくん 14さい) 












いちおう言っておきますが
この映画、 そうとういい映画 です。

間違いなく名作の部類に入ると思います。


戦争による世の中や人間の歪みをさりげなく、でもストレートに描いております。




そういった意味ではこのレストランのシーンは重要です。
当時のフランスという国の縮図??





人の心を歪曲させるのは戦争だけじゃないかもしれない…?






ヴェネツィアの金獅子賞はダテじゃねぇっす!




なのですが、

なのですがー、


ガスパール・マネッスを目で追うことに必死で
ろくろく字幕すら読んでられませんw

一度観ただけではストーリーがわからなくなる恐れがありますので
二度三度続けて観ることを推奨しますww






美味しゅうございました♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!