FC2ブログ

記事一覧

自力で歩くには武器が必要だ、それが人生だろ?



~死ぬまでに見れてよかった
               映画10選⑦~



水の中のナイフ
(Nóż w wodzie)

62年 ポーランド





裕福な知識階級の壮年の夫と美しいその妻のヨット遊びに、
ヒッチハイクで拾った反抗的な貧しい若者が同行する。
ヨット上で過ごす二日の間に起こる
それぞれの感情の揺れを鋭利な映像感覚で紡ぐ。
ことごとく対立する夫と若者の新旧の価値観の間で
不安げに佇む妻はやがて青年に傾斜していくが…。




『袋小路』 『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の長編第一作。

年代的な関係なのか随所にポーランド派の影響が感じられます。







裕福な夫婦の退廃なにもなく向こう見ずなだけの青年
 



高級車に乗り、若い妻と週末をヨットで過ごす豊かな生活を手に入れた男と
なにひとつ手にしていない青年。

ナイフは青年が唯一持っているもの、『若さ』を象徴しています。




男と若い妻と青年。たった三人の出演者の対比や心理の交錯で
60年代のポーランドの政治状況を揶揄し、風刺までしている。





シンプルな話なうえに無駄がなく、
三人のどの視点で観てもある種の深みがある。

そして当時の社会主義体制下のポーランド。



プライベートではいろいろ問題ありそうなポランスキー監督ですが、
鬼才は最初から鬼才だった。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!