FC2ブログ

記事一覧

10年たったらきっと。

趣味は映画鑑賞ですが?


前回の記事で ~死ぬまでに見れてよかった映画10選~ も第9回を数え、
ゴールも見えてきましたので今回は番外編ってことで…




~見なけりゃよかった映画10選・前編~


『見れてよかった』って思う映画があるってことは、
とーぜん『見なきゃよかった』って思った映画もあるわけです。

そんな、お金を払ってまで観てしまったことをおとうとに後悔させた
選りすぐりの10編を紹介しようと思うのですが…

これはあくまでボクが『観なきゃよかった』って思っただけで、
なかには世界的に 『名作』 と認知されている作品や
大きな 賞を獲得 した作品なんかも含まれていたりします。

「これはぜったい名作だろっ!!」とか
「大好きな映画なのにっ!」とか、
まあ色々と思うところはあるかと思いますが
「素人が分かったようなこと言いやがって」
かる~く受け流していただければ幸いです。



じゃ、ここからちょっと 毒、吐きます。


ご気分を害されたくない方はスルーしてくださいm(__)m











奇跡の海
(Breaking the Waves)
96年 デンマーク







ダンサー・
      イン・ザ・ダーク
( Dancer in the Dark )
00年 デンマーク/ドイツ



2作とも ラース・フォン・トリアー監督 作品です。
『奇跡の海』はカンヌでグランプリ、
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』はパルム・ドールを獲得しています、が。

ボクはこの監督が撮る映画が
死ぬほど大嫌い なんです!

もう生理的に無理!!
特にこの2作の主役である2人の女性像には嫌悪感しか感じません。
思考パターンも精神構造も、それにもとずく行動も、すべてが気持ち悪い。

どちらの作品も観ていて吐き気すらもよおしました。
すいません、こればっかは理屈じゃないんです、もう無理なんです(>_<)

吐き気をもよおす映画って
ある意味すごいわっw







ジミー  さよならのキスもしてくれない
( A Night In The Life Of Jimmy Reardon )
87年 アメリカ



なんもねーなー、中身がw

リバー・フェニックスを主役に起用していながら
その魅力がまったく、本当にまったく伝わってこない!

とにかく主役のジミーに 魅力がなさすぎ て、
性欲の塊みたいな男が金策に奔走してるって印象しか残ってないぞ。


ボクは1本映画を観終ると、
コーヒーかなんか飲みながら、いま観たその映画について
2時間 は語るという同伴者に大変迷惑な人間なんですが ←サイテーw
そのボクがしばらく口を開けなかったくらいだ!!







機械じかけのピアノの         ための未完成の戯曲
Неоконченная пьеса для механического пианино
77年 ソ連







永遠と一日
Μιά αιωνιότητα και μιά μέρα
98年 ギリシャ/イタリア/フランス



『機械じかけのピアノのための未完成の戯曲』
サン・セバスティアン国際映画祭グランプリ、
『永遠と一日』はカンヌでパルム・ドールを獲得しています。

この2作品は嫌いとか面白くないとかじゃないんです。

難しすぎて解らなかった

なにが解らなかったのかって、
なにが解らないのかすらわかんない有様。
そんな自分にガッカリだよっ!

「勉強不足だ、出直してこい」
映画に言われている気がしてヘコみました。

スクリーンの端々から 名画 の香りがプンプンするんですよ、2作品とも。
それはわかる、嗅覚でわかる。

でも、 内容は難しすぎて解んないー ;つД`)


ごめんなさい、そんなボクが映画のレビューなんかしてごめんなさい。


10年たったら観なおしてみよう、
そしたら解るようになっているかな?



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!