FC2ブログ

記事一覧

萎えるわ~、、、

この前作ったハーフトラック、1/72という小スケールながら…
いや、小スケールだからこそ…かな?
思いのほか気軽で 楽しかった もんで、
引き続きスケールモデル 第2弾 として
ハセガワ 1/72 MiG17の製作に突入します!
 

 
 
朝鮮戦争初頭、前線に配備されるやいなや
太平洋戦争での日本本土への空襲でおなじみの
"超空の要塞" B29 を次々と 撃墜
米軍を震えあがらせた MiG15
 

 
 
その対抗手段として、当時の 最新鋭機 である F86セイバー が配備されるやいなや、
 

 
 
次々と撃ち落とされて
                   いったMiG15(笑)
 
そのMiG15をベースとして作られた、 改良型 である MiG17

 
 
MiG15&17って、ボクの中では
まんま ザクⅠザクⅡ なんですよね~ヽ(´∇`)ノ
 
 
だって、セイバーとの 撃墜比率 って 10:1 (米軍発表、ソ連側の発表では2:1)なんですよw
まさに 驚愕の撃墜比率!!
これ以上の ヤラれメカ が存在するでしょうか!?
 
 
 
おとうと規格で言わせてもらうと、
ファントム 以降の米軍機はすべて 連邦軍 です。
そのスタイリッシュで洗練された機体からは
ジムコマンドリゼルデルタプラスなど連邦のカッコいいMSを連想せずにはいられません。
その意味では ファルクライム 以降のロシア機も間違いなく 連邦軍 です。
MiG23 の可変翼は一見連邦っぽく感じますが、
よく見ると ジオン軍 です。
MiG25 は迷うところですがギリギリ ジオン軍 と言えるでしょう(笑)
 
 
MiG15との比較から相対的に連邦軍扱いされた F86 ですが、
昭和3、40年代の 怪獣映画
国防軍的な立ち位置で頻繁に登場するものの、
ただの一度として 怪獣駆逐 したところを見た記憶が ない うえに、
次々と破壊されてしまう事も考慮すると
見方によっては ザク ちゃ ザク です(笑)
 
 
というわけで、ジオニストとして 勝手に思い入れのあるMiG17 ですが
模型を製作するのは今回が初めてとなります。
 
てゆーか、飛行機模型の製作自体、中学生のとき以来となります!
ここはひとつ、前回のハーフトラック同様、
出来上がったモノがどんなに へたくそ だったとしても、
ボクを責めないであげて下さい(笑)
 

 
おぉ…!
遥か昔作った トムキャットF15 など、
第4世代機と比べるとやっぱり小さいなぁw
機体のサイズ的には レシプロ機 に近い感じだ~♪
 

 
これが有名な、昔の飛行機モデルにありがちだった 『バスタブ式コックピット』 だ!(笑)
まあ、取り付ければほとんどは見えなくなっちゃうからとはいえ、
これは萎えるわ~(+_+)
 
サクッとストレートに作っちゃう予定だったけど。。。
…どうしよう??
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!