FC2ブログ

記事一覧

フライング野郎?甘んじて受けよう。


しんか【進化】 [名・ス自] 
生物が、単純微小な原始生命から、段階的に複雑多様なものへと変化して来たこと。
更に広く、事物が一層すぐれたものに発展すること。 ⇔退化
                                                                    岩波国語辞典より




脊索動物をずーっとたどっていけば
5億1500万年前 に生息していた ピカイア という小さい魚のような生物に辿りつく。



つまり僕ら人間は5億1500万年かけて、
このちっこい半透明の生物から 進化 したというわけだ。


霊長目 に限ってみても
その起源であるネズミと大差なさそうに見える動物が生息していた 6500万年前 から
長い長い時間をかけてボクたち現代人へと進化している。





え?オレの知ってる電気ネズミは進化アイテム手に入れたらすぐに進化したって?







うん、まぁ、そうだね。
それでいいや。


ちがうちがう、ボクの言いたいことはそーゆんじゃなくて!
進化するってたいへんなことで、
それ相応の長ーい時間がかかるってことなんだ!







年内完成が絶対命題なだけに
スタイリングは出来る限りそのままに
各関節の可動化工作のみを施すことにした旧キットゲルググ。

フライング野郎と罵られようがパパさんから叱られようが
土曜の夜の天使なんで走り出したら止まらないぜ。


ということで、まずは指の可動化から始めたわけですが…



なにしろキットに付属する手はこれである。

当時としてはスタンダードな形状で、
ノスタルジックと言えなくもないが、やっぱりこの拳はいただけない。

まだ差し替えの平手Verがあれば許せるところだが、
差し替え式になるのはゲルググではMSV以降である。

1/144サイズの5指可動化は
ただいま絶賛放置中のダイターン3で会得してしまったからな。
同じ1/144とはいえ、ひとまわり大きいゲルググやドムの拳なら楽勝なのだ。



どうだい?
ゲルググの拳はダイターンやザクに比べてこんなに大きいんだぜ。

指の太さもダイターンの時は1.5Φだったけど
ゲルググは2.5Φでちょうどよさそうなんでずいぶん楽だ。



ボールジョイントの仕組みはダイターンの時と同じなんで
詳しくはダイターンの書庫を見てくれ。




ダイターンの時はこのボールジョイントを各指の付け根にだけ仕込んで
その他の指関節ははさみ込みで済ませたのだが、
今回は 全ての指関節をボールジョイントで仕上げる ことにした。





圧倒的にこの方が見た目がいい。
それにアニメの設定画により近い感じだ!











またひとつ、
 可動化ハンドが進化してしまった。







どこまで進化するのか
        自分でも怖いくらいだ。


生物は何千、何億年かけて進化するというのに
ボクは わずか数ヶ月 で可動化ハンドを 劇的に進化 させてしまった。


これは神への冒涜か、
      はたまた挑戦なのか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!