FC2ブログ

記事一覧

旅立ちの時

プラモ記事以外の更新はまだまだ続くのだ。
 
回を重ねるごとに確実に コメント数が減ってる 気がするけど
そんなのちっとも気にしないよ!(涙目







~死ぬまでに見れてよかった
               映画10選 ②~


旅立ちの時
(running on empty)

88年 アメリカ






指名手配中の両親を持つ少年が、
やがて親の手を離れ自立するまでの姿を描いたヒューマン・ドラマ。

60年代の反戦運動でテロリストとしてFBIに指名手配された両親と共に、
名を変え各地を転々と逃亡生活を送る少年ダニー。
彼がニュージャージーにやって来た時、
その地で音楽教師をするフィリップスに才能を認められ、
またその娘ローナと恋に落ちる。

そんな折、両親を訪ねてきたかつての同志が
銀行強盗で逮捕される……
 『YAHОО!映画』より勝手に拝借w




あらすじ読んで分かると思いますが青春映画です。
 
ご存知のとおり、ボクはかわいい少年が悩む姿を見るのが大好きなので
青春映画はそりゃあ 大好物 なのですw



主演の リバー・フェニックス
家族のこと、将来のこと、自身の境遇、そして恋
そりゃもう全編にわたって、悩み、葛藤する姿 を拝ませてくれます💛

両親揃ってテロリストってなんだよw
生まれた時から逃亡生活って、そりゃ悩むわw




逃亡生活だから学校にもまともに通えない (;´・ω・)




才能があっても、それを活かす場を求めることさえ許されない




互いに想い合うからこそ、失うことを強く恐れる家族。




これこれ!この『軽いしかめっつら』に ブヒーーッ💛 ww



映画の内容的には
アメリカ映画らしく突飛な設定でちょっとアレなんですが、
個々の役者がかなりガンバってて
グッとくるシーンがちらほらと…



母アニー(クリスティーン・ラーチ)が
20年前に自分で捨て去った自分の父親(スティーヴン・ヒル)に
ダニーを預かってほしいと願いでるシーン

「14年だぞ」
「14年間、実の娘に会えない父親の苦しみが分かるか?」
「お前は私を資本主義の犬とののしり出て行ったんだぞ。その私に頼むのか」


熱演です、グッときます。






ローナ(マーサ・プリンプトン)に別れを告げる場面、
たえきれず、たまらず嗚咽をもらすダニー

一連のリバー・フェニックスの演技が必見!
切ねぇえっす!!




ラストシーン
突然の家族との別れ

「自分の信じる道を進みなさい」
「私やお母さんのように」

いいシーンだぁ。。。




…とまぁ、断片的にですが良いシーンはあるのですが、
そんなことは
   どうでもいいから ←またかよww



リバーフェニックス
切なく、そして美しく悩む姿を楽しむべきだと
強く提唱したいのだが
どうだろうか?






美味しくいただきました!
なにを?www
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとうと

Author:おとうと
FC2ブログへようこそ!